Posts Tagged ‘MAGPUL’

h1

New Outer Barrel for Midlength

2011/06/03

Beta Project 16″ Outer Barrel for PTS MOE Hand Guard Mid Length ( WA/ WE / AEG )

昼やすみに情報収集していたところ、やっっぱりなぁってパーツがでてましたので備忘録です。
そろそろ日本に入ってきている(?)MOEハンドガードのミッドレングスに対応するアウターバレルです。

このアウターバレルを使えば、簡単にブラボーガンが再現できそうです。
いままでは適当なアウターバレルを延長するか、切断するかして、ミッドレングスハンドーガードがぴったりとはまるようにフロントサイト位置を調整する必要がありましたが、これならポン付けでいけそうです。
バレル基部の種類はWE、WA等のGBB用とTMスタンダード電動用が用意されるようです。(残念ながら次世代用はいまのところなし)

今年のSHOT2011のPTSブースでMOEミッドレングスの付いた電動M4が展示されていました。レシーバ他は既存製品(G&P)等でなんとかなるとして、アウターは新規だなと勝手に想像してました。
完成品が出る前にアウターだけでてきたわけですね。

Beta Projectから出るようですが、この会社はちょっとFPGのホルスタ作ったり、AK用のワッフルマグ作ったりしてますが、MAGPULとはどんな関係なんでしょうね?

さて、今のレート換算で5000円を切るくらいの価格設定ですから、MOEのミッドレングスハンドガードとこのアウターで1万円程度、かな?

くわしくはこちらからどうぞ。

http://www.ebairsoft.com/beta-project-outer-barrel-hand-guard-length-p-4448.html

まぁすぐに日本市場にも入ってくるでしょうね。

ではでは

h1

M4 Carbine accessories !

2010/07/01

よく見るM4のポスターかと思いきや、近頃はやりのパーツいろいろがならんだポスター。

これだけアクセサリーがあれば、どんな状況でも対処可能!

…ではありますが、毎回これだけ持ってフィールドに現れたら、単なる武器商人。

それと、このポスターって電動M4と、中華パチアクセで再現できちゃいそう。

h1

PRI Delta

2010/06/01

Precision Reflex Incからの新製品。
おにぎり型断面のカーボン製ハンドガード。

円筒形のハンドガードは所謂SPRに使われていて、TANカラーのやつがMAGPULのDVDでも出てきます。
この趣味に戻ってきてから、収集してきた、もしくはいじってきたのは、ほとんどM4系の亜種だったので、ここのところフルレングスのアーマライトも作ってみたいなぁなんて思ってます。

長~いRASとかを使うと、とんでもなく重たいライフルになっちゃうんでしょうけど、このカーボンタイプだと軽量化できるんでしょうかねぇ?
本物みたことないんでわかりません。

http://www.pri-mounts.com/

h1

Jungle

2010/05/17

昨日はBB Junglenにてゲーム。

先週完成したヘルメットをつかってみました。
今回のフィールドは初体験で、どんなとこかもよくわかっていませんでしたが、とにかく使ってみたくて…。

ジャングルの中でのヘルメットはかなり視認性が高い!
パチFASTヘルメットにMountain Hardwearのシャツ、Carharttの茶色のパンツという出で立はかなり浮きまくり。

ほとんどの参加者が迷彩服の理由がよーくわかりました。

反省。

h1

MAGPUL RVG & MVG arrived

2010/05/14

MAGPUL PTSのMVGとRVGがネットショップで販売開始されてます。
ちょっと前ですと本国の実銃仕様のものが販売開始されてからしばらくしないとPTSバージョンって出てこなかったのに
いまどきは、ほぼ同時にリリースされちゃいます。
Airsoftにも絶えず最新のパーツが組み込めるのでうれしい限りですが、お金がいくらあっても…。


まずはMVGから、MOEハンドガードに直付けするタイプ。


ハンドガード内側に付属の治具を使って取り付けですね。

これで価格が19USDくらい。日本円で2千円ってとこでしょうね。


続いてRVG。
レールに装着するタイプです。

レバー取り付けかと思いきや、ボルトナットで固定です。

それぞれグリップの前と後ろにスリットが入っていますが、このスリットをガイドにして「好みの長さにカットして使っても良いよ。」
なんてトラビスさんがShotShow2010の時の取材ビデオでコメントしてましたね。

ぼくの場合はAFG派なので、今後作ろうかと思ってるインドア用のショーティにRVGを装着って感じですかねぇ。

ではでは

h1

Photos from Training, April

2010/05/13

4月に開催されたMagpul Dynamicsのトレーニング風景の写真から数点。

コスタ氏は3月のトレーニングで使用していた、アッパーろロアーの色違いバージョンのナイツを使用しています。

そして、ちょっと気になるのが、ハーレイ氏が使ってるのがAKっぽいです。
ハンドガードは以前彼が試作したMAG-K-oo1と同じUltimakっぽいですが、アッパーレシーバの形状を見るとプレス成形のリブがあるのがわかります。

AKには詳しくないので型式はわかりませんが、ハンドガードとストック取り付け用の治具があれば簡単に再現できそうですね。

以前のタンカラーから一転、黒ずくめのAK、当然AFGも付いてます。

光学サイトはなく、通常のAKタイプのサイトのまま使ってます。
ちなみに、ボルトレバーについては、でっかいのはついてないように見えます。

こちらは、いつものナイツでしょうか?
T-1サイトにPEQ、SFの300タイプウエポンライトつきです。

以上の画像のネタもとは

http://s1034.photobucket.com/albums/…/Pueblo4-2010/

h1

OPS-CORE ?

2010/05/10

ひさしぶりの更新になってしまいました。

今回は以前よりほしかったOps-CoreのFASTヘルメットを作ってみました。
1年くらい前から気になっていたのですが、実物は800USD、カーボン製のnon balisticでも600USDですから、なかなか手が出せません。
だったら、そこそこ形の似ているMICHを使って自作してみようと。

ベースとしたのは中華パチのMICH2000。

ネットで探したり、ショップで探したりしていたところ、たまたま会社帰りに立ち寄った秋葉原のショップHにてVAS Shroud付きのMICHを発見し、購入。
その後、Ops-Coreに注文していたACH Head-LocシステムとACH-ARC Kitが到着。
ACH-ARCレールキットはFASTヘルメットについているレールと形状が違うのですが、しょせんパチものだから雰囲気でということとしていました。

が、1週間くらい前にネットを徘徊していると、うん?FASTタイプのレールがむりくりついているパチMICHをPro-Tのサイトで発見。
速攻で注文しました。

先週末にマカオからあっという間にヘルメットが届き、外装に必要なパーツがすべてそろったので製作開始!(今回は製作中の写真はありません)

まずはパチMICH2000をばらばらにしてヘルメット表面のざらざら塗装を剥離し、パチMICH2001から取り外したレールをあてがって、耳カバー部分を切り取ります。
レール後部の取り付けビスとヘルメットのストラップがとも締めになるのですが、残念ながら微妙に位置が違っているため、レールの穴に合わせ穴をあけ直しています。

ヘルメット両側にレールを仮止めした状態で塗装します。今回はインディのコヨーテタンを使用しました。

乾燥後にレール、ストラップをつけほぼ、外装は完成。

なやんだのは内装です。
ヘルメットに付属のパッドはスポンジ製で一応カバーがついた状態でベロクロで装着されていました。
これからの季節、スポンジパッドが満載のヘルメットは暑いだろうと思い、

ホームセンターで工事用の安全ヘルメットを購入。
内装をヘルメット取り付け部分ごと装着してみました。
FASTヘルメットの内装とは似ても似つかない内装ですが、これで夏場でもちょっとは快適にゲームに参加できるかなぁ。

というところで完成です。

さて、さてヘルメットが用意できたので次はアーマーでしょうか?

めざすは….