Archive for the ‘Project 03’ Category

h1

Stippling

2009/01/12

連休も残すところあと1日になりました。
天気も良いのに今日の午後はGlockのグリップ周りの加工を行いました。
まずは完成形から。

それでは、この状態になるまでの工程を簡単に。

まずはフレームのグリップ部分の加工から。
グリップ前部分のフィンガーチャンネルを削ったうえで、後ろ部分も握り易いように控えめにヤスリで削りました。
その後、ABSの板を半田コテで溶かしながら前部・後部のスリット状のへこみを埋めてStipplingの準備(ごめんなさい画像ありません。)。

コスタ氏がDVDの中で使用しているGLOCKはBOWIE TACTICAL CONCEPTSっぽいStipplingではなく、たぶん市販の滑り止めシートかなにかを貼ってるようでしたので、今回はそれを再現するような感じに半田コテを使って、ちまちま加工していきます。
当初は3Mのフロア滑り止めシートを使って再現しようと思ったのですが、シート自体がかなり固く、グリップの曲面にうまく馴染まなかったので半田コテでそれっぽく表面を荒らしてみました。

ABS樹脂の溶着を含め、半田コテを使った加工作業をはじめて試しましたが、なかなか面白いですね。
思いのほかうまくできたので他にもチャレンジしてみようかなぁ、なんて自画自賛です。
そして最初の画像にあるようにスライド上面、側面に滑り止めシートを貼って今日の作業は終了です。
連休最終日の明日はブラックホール等のイベントに行ってみようかなぁなんて思ってます。
昔は、氷川丸とか東京タワーとかでしたよね、イベントと言えば。
今日はこの辺で、ではでは

h1

Heinie風味

2009/01/04

明けましておめでとうございます。本年もよろしくおつきあいのほど。
年末に製作をはじめたGLOCKですが、お正月休みを使って作業をすすめてみました。

昨年末に型取りしたサイトがどうにか形になったのでとりあえずアップしておこうと思います。
複製したリアサイトにプラリペアを盛ってGLOCKのスライドに合うように成形しとりつけ。
あわせてプラリペアで固まりを作ってそこからフロントサイトを削ってみました。
今回はじめてサイトを自作してみましたが、細かいパーツのデティルを作り込むのはとても難しいと実感しています。
それぞれのサイトのクローズアップ画像は見るにたえないので今回はパス。
やっぱり実物から型取りしたサイトがほしいですね。


まぁ、ぱっと見はそれっぽくできたかなぁということでHeinie風味サイトと命名。
画像ではわかりずらいかもしれませんが、それぞれのサイトには外径2.1mm、内径1.5mmのアルミパイプの輪切りを挿入してあり、パイプのなかにプラリペアのクリアとルミノーバの粉末を混ぜて練ったものを入れてあります。

ライトの光を当てておけば、暗闇でなんとなーく光っています。
本物のHienieサイトでは、Trijiconを埋め込んだものもあるようでしたのでそれっぽく再現してみました。
正月に部屋にこもってこんなことやってて良いのか?
なんて状況ですが...。
今日はこの辺で、ではでは

h1

Duplicate

2008/12/29

前々回はSpeedplateの話になってしまったのですが、秋葉原巡回の最後のお店にてGLOCK用に探していたパーツを発見しました。
正確には元になるパーツなのですが。

見つけたのは画像右下の黒いリアサイトです。
そして中央のリアサイトが複製したものです。

今回初めて複製にチャレンジしています。
画像のものでチャレンジ5回めくらいです。
なかなか思った通りの型取りができないため、型にプラリペアを流して出来上がった複製品の出来もかなりつらい感じです。

画像の通り、きっちりと複製できていませんが、まずはこれをもとにGLOCK用のリアサイトを作っていこうと思います。
これってXXXXXで出してるよねって声が聞こえてきそうですが…。
ご連絡入れてみたのですが、お返事いただけず。
発光体をインサートしたり、刻印が入っていたりってのは無理ですが、それなりに作ってみよかと思ってます。
ちなみに今回の原型に使ったリアサイトはTコバ社のガバスライドに通常付いているものとのことです。
今日はこの辺で、ではでは

h1

Speedplate, PTS

2008/12/26

クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずかですね。
札幌への出張から無事戻り、今日は仕事納め。
久しぶりに秋葉原のショップを巡回してきました。
今回のGLOCK用にパーツを探していつものルート巡ります。
1件めWP店。
海外パーツや装備品満載ですが、ここには今回ほしいものはないだろうと思いつつひととおり
店内を巡って次へ。
そうそう今回使用しているサプレッサ用のネジの切ってあるバレルはここで購入しました。
2件めSR店
ここでは電装系のパーツを調達したり、思わぬものがかなり安い値段で手に入ったりします。
しかし今回探しているパーツはないだろうなと思いつつ店内を巡っていると、ショーウインドの中に見慣れたMAGPULの銀色パッケージが…
ぬ、Speedplate ?、PTS ?
GLOCK用のSpeedplateが!(はずかしながらちょっと興奮)
米国から購入しようにも銃の構成部品扱いでなかなか手配が難しそう。
しかも在庫が切れていたり。
そのSpeedplateがPTSとして販売されている!
が、しかしよく見るとなんとK社GLOCKマガジン用と記載されてます。
うーん。K社のGLOCKは持ってないけど、ちょっといじればつくんじゃにかなぁと店員さんに聞いてみると、あっさり「M社用もありますよ。売れちゃったけど。」
そっかあるんだ。じゃ次の機会ってことで。
そこからしばらく歩き、有名なH店へ
ナイツのPDWをながめ、ちょっとだけMEUのメタルスライドをいじらせてもらって次の店へ。
ここでもパーツは見つからず…。
そして閉店まぎわのS店へ。
今回の本命はここ。
もしかしたらここでパーツが手に入るのでは?と。
だったら最初から行けよ!って感じですが、ルーティンってしょうがないんですよね。
一度身に付いちゃうとその順番でないとなんだか。
営業経験のある方ならわかっていただけるかなぁ?と。
時間もないので、さーとウインドに目をはわせると、あるじゃない!
Speedplate !(またもやいい年したおやじが興奮!)
次の瞬間、「これください。」近所のプラモ屋さんにこずかい握りしめて買い物に行ったときの興奮みたいな。

PTSとはいえ、さすがは純正品って感じですね。

プラモ屋さんから帰ってきた子供のように早速取り付け

こんな感じになりました。
しかし、ガス入れるときはプレートはずさないと?

G17よりもG26のほうが多分似合いますね。
そのうちこんなことしてみたり…。

年の瀬にすっかり興奮状態の夜です。
え、探していたパーツ?
うん、ありましたよ、使えそうなのが。
それはまた次回に。
今日はこの辺で、ではでは
明日はマガジンチェンジの練習か?