Archive for the ‘Project 02: mod’ Category

h1

lost-wax process

2009/04/24

自作複製パーツの強度不足からなかなかうまくいかないセレクタのアンビ化について引き続き。
メカボに組み込んで作動テストをしたところ見事に欠けたギアを金属で複製できないかと数日間ネット巡回したところ、もしかしたらこれで行けそうかと思えたのが「ロストワックス法」による複製でした。
大阪の工芸関係の会社さんのページによると、原型があればそれをロストワックス鋳造で複製できるとのこと。
主に指輪や装飾品を複製してくれるサービスを提供していて、装飾品の他にもおもちゃの部品等の複製も頼めそうだったので、早速メールにてやりとりし、ギヤの複製をお願いしてみました。
オリジナルのパーツはたぶん亜鉛ダイカストだと思いますが、その会社さんですと黄銅で複製してもらえるようなので材質は黄銅としました。
お願いして数日、手元に届いた複製パーツがこれです。

注型用の足がついたままですが、ほぼオリジナルと同寸のようです。
今回は注型用のカタも作成していただいたので割高になってしまいましたが、今後複製する時はかなり安く作れそうです。
と、いっても今回の注文分で都合5丁分のギヤをつくったのでその必要もないかと思いますが。
今度の週末に時間がとれれば、このパーツを使ってアンビ化を続行しようかと思ってます。
今日はこの辺で、ではでは

広告
h1

ambidextrous

2009/04/15

またまた更新がスローになってしまってます。
前回はメカボックスにタップをたてM3のビスが使えるようにしたところまでアップしました。
これといって目新しいものでもなく、基本中の基本作業ですから、時間かせぎの記事みたいですよね。ごめんなさい。
で、今回の本題なんですが、セレクタのアンビ化にチャレンジしようと思ってます。
すでにV○Cのキットや完成品のセレクタはアンビ化されているので、前人未到ってほどのチャレンジではないのですが、なんとか自分の所持しているアーマライトもアンビ化できないかと考えていたところ、運良く知人がSRを購入したので、拝み倒してアンビ化のための構成パーツを複製させてもらうことができました。

アンビ化に必要となる構成パーツはセレクタプレート、セレクタ(左右のレバーとセレクタプレートを動かすためのカム状のパーツ)、セレクタを連動させるギヤといったところになります。
このうち自分ではつくれそうにないギヤ、およびセレクタをシリコンにて型取りし、プラリペアにて複製しました。

そして新規に作ったメカボにとりあえあず取り付けたうえで、ロアレシーバ内に納まるようにロアレシーバの内部をリュータ、ヤスリを駆使して削ります。
ここから画像がないのですが、メカボをロアレシーバーに内蔵しセレクタの作動チェックをしたところ、レシーバー内からポキポキという音が...。
メカボをはずしてみるとプラリペアで複製したギヤの歯の欠片がポロポロと...。
私の加工精度の問題もあるのですが、そもそもオリジナルのギヤは亜鉛ダイカスト製ですからプラリペアのギヤでは強度的に難があったようです。
うーん、いきなりアンビ化は挫折なのか?
なにかいい手を検討します。
アンビ化チャレンジは続くのか?
今日はこの辺で、ではでは

h1

Tapping

2009/03/30

1月末からすっかりご無沙汰していました。
2月に入りいきなり出張続き、なかなかAirsoftをさわる時間もとれず、楽しみといったらお昼休みと帰宅後にミリブロチェックで過ごす毎日が続いていました。
巷では、○井さんとこのM4新型の話題がちらほら。
SOPMODが発売され、未だ入手困難らしいですが、もうバリエーション展開なんですね。
なんだかついていけません。
さてさて、今日は久々に時間がとれたのでメカボックスを新たに作成開始です。
旧型M4でどうしてもやってみたいことがあるので、とりあえずタッピングから開始です。

とりあえずM3のビスが使えるようになりました。
やってみたいこと?
それは画像の中に隠されてます。
と、気を持たせるような書き込みですが、果たして成功するかどうか?
まぁ、ぼちぼちやります。
今日はこの辺で、ではでは