Archive for the ‘MAGPUL’ Category

h1

New Outer Barrel for Midlength

2011/06/03

Beta Project 16″ Outer Barrel for PTS MOE Hand Guard Mid Length ( WA/ WE / AEG )

昼やすみに情報収集していたところ、やっっぱりなぁってパーツがでてましたので備忘録です。
そろそろ日本に入ってきている(?)MOEハンドガードのミッドレングスに対応するアウターバレルです。

このアウターバレルを使えば、簡単にブラボーガンが再現できそうです。
いままでは適当なアウターバレルを延長するか、切断するかして、ミッドレングスハンドーガードがぴったりとはまるようにフロントサイト位置を調整する必要がありましたが、これならポン付けでいけそうです。
バレル基部の種類はWE、WA等のGBB用とTMスタンダード電動用が用意されるようです。(残念ながら次世代用はいまのところなし)

今年のSHOT2011のPTSブースでMOEミッドレングスの付いた電動M4が展示されていました。レシーバ他は既存製品(G&P)等でなんとかなるとして、アウターは新規だなと勝手に想像してました。
完成品が出る前にアウターだけでてきたわけですね。

Beta Projectから出るようですが、この会社はちょっとFPGのホルスタ作ったり、AK用のワッフルマグ作ったりしてますが、MAGPULとはどんな関係なんでしょうね?

さて、今のレート換算で5000円を切るくらいの価格設定ですから、MOEのミッドレングスハンドガードとこのアウターで1万円程度、かな?

くわしくはこちらからどうぞ。

http://www.ebairsoft.com/beta-project-outer-barrel-hand-guard-length-p-4448.html

まぁすぐに日本市場にも入ってくるでしょうね。

ではでは

広告
h1

Real Cheap Metal Body !

2011/05/27

Nighthawk 1911の情報収集をしている際にネットで発見したPrime互換の激安MAGPULレシーバセット。

WAM4GBB用にPrimeからMAGPULレシーバセットが発売された時からこのレシーバを使ったM4GBBがほしい!ってずっと思ってました。
しかし、ご存知の通りPrimeっていったら、庶民が簡単に手の出せるものではなくって…。
秋葉原の”3コー”のショーケースに鎮座するレシーバをじっと見つめるのが関の山でした。

このセット、ネット上ではチャレンジキットとか、ガレージキットとか、いろいろな表現をされていますが、ようするにPrimeのDead Copyならぬ、DeadなCopy(劣化コピー)で素人が手をだすには?、でも上下レシーバとロア側に組み込まれるパーツがほぼ同梱で5300円とは!
もちろん中華製で日本国内では複数のディーラーさん?が扱ってますが、ネットの先人の皆様はアノ「多拉A夢戦術的生活」さんから激安価格で購入している模様。

早速「戦術的生活」ホームページに行ってみましたが、既に売り切れ状態だったのが、約1ヶ月前。
まぁ、そのうち入ってくるだろうと思ってたのですが、先週前半に再度巡回してみると「在庫あり」の表示!
今週あたまには手元にチャレンジキットが到着しておりました。

Big Dragon製 MAGPUL ブレットレシーバー 5,300円

到着した梱包をあけると出てきたのは、なんと電動スタンダード用の箱!
えっ、なんかの間違いか!

と、箱をあけてみると。

ちゃんとGBB用のレシーバが入ってました。箱は流用なのね。
前述した通り、上下レシーバとロアに内蔵されるパーツ類が同梱。

私の手元に到着した個体ですが…。
ざっと見たところ、上下レシーバとも表面に大きな傷、巣はなく、比較的きれいに思えます。
型抜きした鋳造ボディで切削加工のシャープな感じはありませんが、値段からすれば妥協できる仕上がり。
レシーバ内側については、他のサイトで紹介されているものと大差ない感じです。

そもそもPrimeのレシーバを持っていませんのでどんだけ劣化してるものか不明ですが、削りだしではないことは確かで、レシーバー表面の仕上げはドブ漬け塗装といった感じ。

ロアレシーバ内部ですが、思ったよりきれい。
先人の方のページの画像とくらべてみると、この個体は良いコンディションではないかなぁ。

アッパーレシーバ内部です。
表面にくらべ内部はかなりざっくりな感じ。
チャージングハンドルが挿入される部分の中央におおきなガタがあります。
多分金型の分割部分の精度がもろに出ちゃってるかと。
先人の方々のページでも同様のガタについてコメントされてます。
アッパー内部のレール裏側については、なんらかの手段で平滑にしてあげないとチャージングハンドルが動かないかもしれません。
また、金型から抜いた後にチャージングハンドルがはまるレール状の溝等を後加工してるようですが、これもざっくりな感じで決してきれいな加工ではないですね。マシニング後のバリ等も残ってます。
ここら辺は、実際にパーツを組み込んでいきながら調整が必要かもしれません。

同梱パーツ類は使用箇所ごとにビニール包装されてます。仕上げについては、うーん。
なんといっても上記の価格ですから文句はないです。
これまた、組み込みながらチェックしていきましょう。

チャージングハンドル先端部分です。
見ての通り、型から抜いたまま塗装しましたって具合でパーティングラインがクッキリ残ってます。
ここで注目なのは、樹脂のブッシュ取り付け用の穴です。
先人の方々のページでは穴位置がずれていて、ピンが斜めにしか刺さらないと解説されてますが、この個体については、まぁまぁ精度が出ているかと。そして良く見ると穴にピッチが切ってあります。(画像からわかるかな)
って、ことはピン止めじゃなくてネジ止めしろと?うっすらとフランジ部分の逃げもあるようなないような。

気になっていたのは、バレルナットのネジピッチと、バッファーチューブのネジピッチでした。
あるサイトでは、バッファーはAGMのGBB規格だから実物互換のチューブは取り付け不可とか、別のサイトではWA互換のピッチだとか説明されてます。
バレルナットについても、G&Pのネジピッチは不可とか説明されていたりします。

まずはアッパー側のバレルナットのフィッティングから。
VFC製URX用のバレルナットを用意して、アッパーレシーバにくるくると、あれ、くるくると…


特に違和感なくスルスルとネジの根っこまで装着完了。
ということは、バレルナットについては、VFCのものなら問題なく取り付け可能といった感じでしょうか?

気を良くしてそのままハンドガードをフィッティング。

なんだかきれいに装着完了!

アッパーのレール形状とハンドガードのレールの形状が若干異なりますが、こんなもんでしょう。

そのうち他のナットもためしてみようと思います。

次にロアー側バッファーチューブのネジピッチについて5KU製のバッファーチューブを使って確認。
5KUのチューブについては、WA互換のピッチ(実物もたしか同じ)だったはずですが…。


これもロアレシーバにくるくると、あれれ、くるくると…

ほぼぴったりのピッチのようで無事で装着可能!

てなわけで、あっけなく確認完了しました。

今日はこの辺で、ではでは!

h1

MAGPUL RVG & MVG arrived

2010/05/14

MAGPUL PTSのMVGとRVGがネットショップで販売開始されてます。
ちょっと前ですと本国の実銃仕様のものが販売開始されてからしばらくしないとPTSバージョンって出てこなかったのに
いまどきは、ほぼ同時にリリースされちゃいます。
Airsoftにも絶えず最新のパーツが組み込めるのでうれしい限りですが、お金がいくらあっても…。


まずはMVGから、MOEハンドガードに直付けするタイプ。


ハンドガード内側に付属の治具を使って取り付けですね。

これで価格が19USDくらい。日本円で2千円ってとこでしょうね。


続いてRVG。
レールに装着するタイプです。

レバー取り付けかと思いきや、ボルトナットで固定です。

それぞれグリップの前と後ろにスリットが入っていますが、このスリットをガイドにして「好みの長さにカットして使っても良いよ。」
なんてトラビスさんがShotShow2010の時の取材ビデオでコメントしてましたね。

ぼくの場合はAFG派なので、今後作ろうかと思ってるインドア用のショーティにRVGを装着って感じですかねぇ。

ではでは

h1

Photos from Training, April

2010/05/13

4月に開催されたMagpul Dynamicsのトレーニング風景の写真から数点。

コスタ氏は3月のトレーニングで使用していた、アッパーろロアーの色違いバージョンのナイツを使用しています。

そして、ちょっと気になるのが、ハーレイ氏が使ってるのがAKっぽいです。
ハンドガードは以前彼が試作したMAG-K-oo1と同じUltimakっぽいですが、アッパーレシーバの形状を見るとプレス成形のリブがあるのがわかります。

AKには詳しくないので型式はわかりませんが、ハンドガードとストック取り付け用の治具があれば簡単に再現できそうですね。

以前のタンカラーから一転、黒ずくめのAK、当然AFGも付いてます。

光学サイトはなく、通常のAKタイプのサイトのまま使ってます。
ちなみに、ボルトレバーについては、でっかいのはついてないように見えます。

こちらは、いつものナイツでしょうか?
T-1サイトにPEQ、SFの300タイプウエポンライトつきです。

以上の画像のネタもとは

http://s1034.photobucket.com/albums/…/Pueblo4-2010/

h1

OPS-CORE ?

2010/05/10

ひさしぶりの更新になってしまいました。

今回は以前よりほしかったOps-CoreのFASTヘルメットを作ってみました。
1年くらい前から気になっていたのですが、実物は800USD、カーボン製のnon balisticでも600USDですから、なかなか手が出せません。
だったら、そこそこ形の似ているMICHを使って自作してみようと。

ベースとしたのは中華パチのMICH2000。

ネットで探したり、ショップで探したりしていたところ、たまたま会社帰りに立ち寄った秋葉原のショップHにてVAS Shroud付きのMICHを発見し、購入。
その後、Ops-Coreに注文していたACH Head-LocシステムとACH-ARC Kitが到着。
ACH-ARCレールキットはFASTヘルメットについているレールと形状が違うのですが、しょせんパチものだから雰囲気でということとしていました。

が、1週間くらい前にネットを徘徊していると、うん?FASTタイプのレールがむりくりついているパチMICHをPro-Tのサイトで発見。
速攻で注文しました。

先週末にマカオからあっという間にヘルメットが届き、外装に必要なパーツがすべてそろったので製作開始!(今回は製作中の写真はありません)

まずはパチMICH2000をばらばらにしてヘルメット表面のざらざら塗装を剥離し、パチMICH2001から取り外したレールをあてがって、耳カバー部分を切り取ります。
レール後部の取り付けビスとヘルメットのストラップがとも締めになるのですが、残念ながら微妙に位置が違っているため、レールの穴に合わせ穴をあけ直しています。

ヘルメット両側にレールを仮止めした状態で塗装します。今回はインディのコヨーテタンを使用しました。

乾燥後にレール、ストラップをつけほぼ、外装は完成。

なやんだのは内装です。
ヘルメットに付属のパッドはスポンジ製で一応カバーがついた状態でベロクロで装着されていました。
これからの季節、スポンジパッドが満載のヘルメットは暑いだろうと思い、

ホームセンターで工事用の安全ヘルメットを購入。
内装をヘルメット取り付け部分ごと装着してみました。
FASTヘルメットの内装とは似ても似つかない内装ですが、これで夏場でもちょっとは快適にゲームに参加できるかなぁ。

というところで完成です。

さて、さてヘルメットが用意できたので次はアーマーでしょうか?

めざすは….

h1

MVG and RVG

2010/04/12

MAGPULのWEBページに新製品の掲載がありました。

今年のSHOTSHOWですでに紹介されている、バーティカルフォアグリップ2種です。

ひとつめが”MVG”。
MOEハンドガードに直接取り付けできるようですね。
製品説明によると、取り付けに必要とな部品はすべてセットされているとのことです。

もうひとつが、”RVG”。
レール対応のグリップ。

値段も現地では日本円換算で2,000円弱のようです。

h1

Costa’s M4 Cabine, Mar., 2010

2010/04/08

3月に実施されトレーニングコースからの1コマ。
2月のトレーニングで使われていた。ツートンカラーのカービンに加えいつもの真っ黒タイプが写ってます。

どちらもKnightsのURXミッドレングス。
ボアサイトのカバーとAFG(黒)。Surefireのちっちゃいライト。
Aimpoint T1はKnightsのマウントにのってます。
真っ黒の方にはAACのハイダーとPECがついてますね。

修正:真っ黒の方のハイダーはAACじゃなくてSFのやつですね。