h1

T3 Comp 03

2011/08/14

お盆なのに今年は忙しいです。

ここのところ以前に作成したMAG-K-001の記事にアクセスが多いです。
海外のフォーラムで画像を参照しているらしく、トラビス氏のAKって人気があるんだなぁなんていまさら関心しています。

さて、滞っているT3の記事ですが、今日はスライドについて…。

まずはコマンダーサイズのスライドに加工するところから作業を始めます。

いきなりスライド完成!

ではなくて、行きつけのショップの店長にお願いして、MGCコマンダーのスライドを拝借、採寸していたところ、試しにフレームに挿入したらスルッと入ってしまったので記録しておきました。

グリップサイズに対して若干長めのスライド。
オフィサーズサイズのグリップには3.8インチバレル用のスライドがベストマッチのような気がしますが、T3もこんな感じのバランスなのでこのスライドを採寸してスライドを加工していきます。

本体の上に見えるのが今回加工するTMのスライドです。
スライド途中の白いテープが今回スライドを短くする部分、前端の白いテープは切り取る部分です。

あとは、ぶった切るだけ…。

そしてまっ二つ。

さて、スライド前と後ろをどのように結合するか?
必要ないところも切断して ] [ って感じでつなげるだけだと強度的に多分もたないと、さてどうしたものか?
ちょっとでも接着面が広いほうが良いわけで…。

スライド前部分をスライド肉厚の半分の厚みをのこして削り、スライド後ろ部分の内側をやはり半分の厚みを残して接着面を確保しました。

スライド前端にブッシングを取り付け、スライド内にバレルを仕込み、金属シャシーを仮組したフレームに取り付け位置決めをしたうえでスライドを接着。
ABS用のセメダインを多めに塗り、位置をあわせてある程度固着させたところでゆがみを補正したうえで、乾燥中にぶれないように継ぎ目にプラリペアを流し固定。
4〜5日間乾燥させたところで様子を見ると思ったより頑丈に接着できてるようです。

試しにこの状態でブローバックのテストをしてみましたが問題なく作動!

なんとか先にすすめそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。