h1

1911 Anniversary Project

2011/04/25

1911生誕100周年記念ということで、しばらくいじってなかったTM社のMEUをひっぱりだしてきました。

1枚めの画像でねらってるところはわかっちゃたかもしれませんが、Nighthawk社のpredetorっぽいのを作ってみようと、手始めに見た目でいちばんわかりやすいバレル部分から手を出してみました。

いきなりほぼ形ができあがってますが、結構手間かかってます。

アウターバレルに選んだのは、Shooters DesignのHiCapa5.1用のコンプ取り付け可能タイプで、バレルの先端にWA社製もしくは互換のコンプがくっつきます。

このアウターバレルにどこ製だったか忘れましたが、大型のアルミ製コンプをあわせて購入しました。

いきつけのショップの常連さんにお願いして旋盤でいらない部分(大部分)を落としてもらいほぼアウターバレルの形になったところでTM社のスライド断面にあわせて形状修正といったところです。

アウターバレルに若干のすりあわせが必要でしたが、思ったより簡単に本体に組み込み完了。
ショップでいただいたグリップ等ありあわせのパーツでだいたいの形を作ってみました。
マグウエルはジャンクパーツ箱から見つけたMGCのLE用です。
グリップ裏側に加工を要しますが、フレームとの整合はばっちりでした。

会社帰りに秋葉原のショップを巡回していたところH小屋でVZタイプのグリップを発見。本来はマイカルタ材からの切削品4/28修正:本来はカーボン樹脂からの切削品ですが、これはプラスティック成型品です。まぁ値段も1000円以下と手頃だったので購入。
NighthawkはよくVZタイプのグリップを使用しているので、ぱっと見重視で取り付けてみました。
このグリップですが、スライドストップがある側はすんなりと装着可能ですが、反対側(マグキャッチのボタンがある側)はスクリュー位置が微妙に合わずかなり裏面を削ってます。
ぼくが買ったものがたまたまハズレだったのかもしれませんが。

といったところで、もうちょっといじってみようかと思ってます。

ひさびさに続く
ではではこの辺で…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。