h1

Disassemble

2009/01/19

今週末は連続投稿です。
昨日はマガジンのことについてなんて記述していましたが、今日は予定を変更して分解の続きを備忘録的に記載しておきます。
分解方法は自己流ですので参考程度に考えてください。
もっとうまい方法や順番があるかもしれません。
まずはアッパーとロアーの分離です。

アッパーとロアーは1本のピンで止まっているだけですので、このピンを抜くだけで分離することが可能です。
が、アッパー内を経由しているバッテリー用の配線により完全に分離することができません。
アッパー内にダミーボルトをスライドさせるためのガイドがあり、これをとりはずさないと配線がとりはずせないようです。

さっそくアッパーの分解に入ります。
まずは、アッパー後部のボルトガイドとなる金属の棒を取り外します。
画像ではわかりずらいかもしれませんが、後端にスリットが入っているのでマイナスドライバーを使って分解します。

ガイドとなる金属の棒とボルトにテンションをかけるスプリングを取り外します。
アッパー裏側の黒いパーツがボルトをスライドさせるためのガイドです。
このパーツに配線を通してあるため、このパーツをはずし配線を抜く事によってアッパーとロアーが完全に分離できるようになっています。


バレルのロックシステム部分をアッパーからとりはずします。
両側面ネジ4本をはずせば完了です。

画像のとおりブロック状のロックシステム部分が分離しました。

次にダミーボルトをアッパー後端までスライドさせるとチャージングハンドルが抜けるようになります。
チャージングハンドルはアンビ仕様になっていますので、向きを反対に取り付ければ、レフトハンド用として使えます。

チャージングハンドルをはずすとダミーボルトを取り外すことができます。

アッパーに残っているビス(両側面4本)を取り外すとアッパー裏側のスライドガイドパーツが分離します。
画像にはないのですが、配線を抜く際に、ヒューズボックスをばらしておきます。
これでアッパーとロアーが分離します。

アッパーはほぼ完全分解状態です。
配線の引き回し等を工夫すればここまで分解する必要はないかもしれません。
もしかしたらもっと簡単な方法があるのかもしれません。あくまでも自己流ってことで。
ではではロアーに移ります。

ロアーとストックの取り付け部分のピン1本をはずします。

次にストックを折り畳んだ状態にして、ストック付根部分のビスを取り外します。
このビスがロアーにメカボックスを固定しています。
思ったより長めのビスで取り付けてあり、ちょっと安心。

ロアーからストックを上方向にスライドさせるとストックが分離できます。

モーターの取り外しは通常の電動Airsoftと同様ですね。
残念ながらモーターを止めるプレートのネジはタッピングネジでした。
繁盛に開け閉めを繰り返すとバカになっちゃうかもしれません。
モーターを引き抜き、グリップ内のネジを2本はずします。
トラスネジっぽいもので固定されていましたが、私の個体はネジがナメかけており、はずすのにちょっと苦労しました。このネジは要交換です。

次にマガジンリリースを取り外します。画像はすでに取り外した状態です。
ボルトリリースを矢印の方向に下げておくとマガジンリリースがフリーの状態になります。この状態で、画像の面の裏側からリリースを押し込み、リリースボタンを浮かせてまわすことによって分解できます。

アーマライトのようにロアを貫通するピンはありませんので、これでロアからメカボックスがとりはずせます。
アンビセレクタ等が若干干渉しましたが、ちょっとずつこじってやると取り外し完了です。
ご覧の通り、メカボックスはVer.2互換といった感じです。
メカボックスの中身については他の方のブログをご参照ください。
今週末は、なんだかとても有意義だったなぁと思います。
ネットの情報ですと、某○FC社さんがA○K社の代理店さんになったとかならないとか?
11.5インチのバレルとか、18インチのバレルとかSPRハンドガード、ストック等もプッシュしてほしいですね。
11.5のモデルがでたらパーツ取り含めもう1丁いっちゃうかも!?
この内容で実施価格があの価格ですから、中華おそるべしですね。
今日はこの辺で、ではでは

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。