h1

年内完成か?

2008/12/15

しばらくぶりの更新です。
ストックパイプ内のFET挿入に手こずり、いろいろ試していたところ、なんとハーネスの接続をまちがえFET昇天!
急遽別のFETを手配しすることになったり、設計変更でパイプ内をかなり削ってみたり。
ブログにアップする間もなく週末が過ぎていきました。
新しいFETをなんとかストックパイプ内におさめ、ロアーが完成。
あとはアッパーにもろもろパーツを取り付けなんとか形になりました。

ハンドガードに取り付けるフラッシュライトが未入手だったりしているのですが、もう一息のところでとりあえずアップしておきます。
他の方のブログでも紹介されていますが、Magpul DymamicsのDVDはほんとすごいですね。
今回作成しているコスタ氏のアーマライトはDVD3枚目で詳細を確認することができます。
いままでYoutubeでしか見る事のできなったものが、細かいデティールまではっきりわかります。
今後はフラッシュライトの到着を待ちながら細かいところに手をいれていく予定です。
今日はこの辺で、ではでは

広告

4件のコメント

  1. 初めまして。
    自分の銃、かなり似てます。(^^)
    マイコン制御FETにエネループですか。
    マイコン制御FETとニッケル水素単四9.6vを以前試した事が有ります。
    今はkit-boyのStep3とリポでやっていますが。
    エネループのスタミナは如何でしょうか?
    単四ニッ水ではセミのみの使用で半日くらいしか保ちませんでした。
    あの部分にFETを入れるなんて…
    タイマー回路が入っていないFETの時は少し考えましたが、Step3では出来ない技ですね。
    今後も期待しています。


  2. mick_mars様
    コメントありがとうございます。
    エネループの単4電池ですが、8本直列接続の9.6vで使用しています。
    容量は多分700?750mAくらいはあると思います。
    一般的なセルを使ったバッテリーに比べ、非力な感じは否めませんが今のメカboxの仕様ですとなんとか動きます。
    ピストンスプリングのレートはわかりませんが、ノーマルと同等か、もしかしたら若干弱いかもしれません。
    このセッティングで、セミオンリーで30rd.マガジン20本くらいは動きました。
    この15年くらいサバイバルゲームに参加しておらず、1日の平均的な弾消費量もわからないのでなんともいえませんが、半日は無理っぽいかもしれません。
    私もできればリポに移行したいのですが、しばらく様子見というところです。
    FETですが、今回記述した通りマイコン制御FETを燃やしてしまったので実はKITBOY社製のFETに変更しています。
    スリムタイプのものを使い、ガワの樹脂を一旦はがしたうえでヒートシンクの形状を変更して装着しています。
    ロアレシーバーのストックパイプ付け根とストックパイプ自体をかなり削り込んであります。
    今回の作例でFETを仕込む方法がなんとなくわかりましたので次作ではもっとうまくできるかなぁと思っています。
    ご声援感謝です。


  3. こんにちは。
    Step3に変えていましたか。
    マイコン制御FETはセミで撃った後、暫く撃てない時間が有ったのでStep3の方が結果的には良かったのでは無いかと思います。
    しかし、そこまで削ってスペースを作れるのでしたら、ニッケル水素のミニセルでも入るんじゃないですか?
    ただしストックは最長から2番目くらいまでしか出来ませんが。
    更に、ストック内部を少し削る必要が有りますが。
    以前、こんな風にしていました。

    あ、でもコードレスでは有りませんね。


  4. mick_mars様
    ふたたび!コメントありがとうございます。
    なんかとてもうれしいです。
    貴殿の移設前のサイトも気になって何回か拝見しておりました。
    マイコン制御FETの「もたつき」の件、確かにそう感じるところがありました。
    ミニセルの画像も拝見いたしました。
    確かにストックまで加工するといけそうですね。
    ミニセルの方が明らかにパンチありそうですし…。
    いろいろご意見いただけて感謝です。
    今後ともよろしくお願いします。



現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。