h1

設計

2008/01/14

今日は昨日アップした「Project」の続きです。
今回製作してみようと思ったのは昨日の画像のようなフレームです。
比較的に平面で構成されている部分が多いことと、ベースとなるフレームが容易に入手できることから選んでいます。

見ておわかりの通り、ベースはアーマライトです。
この画像はAR15のCADファイルをベースに作成したもので、作成後簡単なレンダリングをかけています。
CADファイルの作成にはGoogle社が無償で配布しているSketchupというアプリケーションを使用しています。
素人の方でも比較的簡単に3Dのモデリングができるのでいろいろ試してみるとおもしろいかもしれません。

Google Sketchup「3Dモデルが身近に」

私の場合は、このアプリケーションが有償だったころから業務に使用していたので、CADファイルをいじるときにはほとんどこのアプリを利用しています。
そもそもはランドスケープデザインや建築デザイン用のものですが、複雑なものでなければ、まぁまぁのものが作れます。
10年前までのカスタムと言ったら目分量でバレルを切ったり、適当にパテを盛ってけずったりといった、いかにもお気軽お手軽手法ですから人に見せられるようなものができるわけがありません。
ちょっとがんばって仕上げるために図面を作成しようにもコンピュータなんてありませんので、Gun雑誌片手にコピー機と格闘しながら原寸図を作ったりしていました。
まぁ、いろいろやってもきちんとサイズを採寸できるような図版をつくるのはほぼ無理でしたが…
今回は、少しは成長したオッサンの趣味としてこのデータをもとに型紙を作成し作っていこうと思います。
3Dデータの作成については、明日以降アップしていこうと思います。
Airsoft完成までにはまだまだ時間がかかりそうですがおつきあいのほどよろしくです。
ではでは

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。